女子野球情報 

運動能力調査

2017年3月4日 プロジェクトスタート!

女子軟式野球選手の運動能力調査

画像の説明

 女子野球の発展に欠かせない、女子野球選手の運動能力データを取るプロジェクトが始まりました。今回は軟式野球に絞り、熱い思いを共有する現場の皆さんとともに、全国的に調査を実施します。今後、女子硬式野球界でも、同様の調査が行われることを願っています。

 軟式も硬式も、みんなで力を合わせて、女子野球を発展させましょう。

   研究概要

研究担当責任者:飯沼素子(フリーライター「がんばれ!女子野球」サイト代表)
共同研究者  :鳥居昭久(愛知医療学院短期大学)
研究協力者  :井上俊夫(NPO法人「北多摩の少年野球を育む会」専務理事)
        仲本裕樹(沖縄「野球っ子応援会」代表)
        上坂 智(「熊本暴れん坊ガールズ」代表)
        中学女子軟式野球クラブ「広島レディース」
        佐々木幸浩(「岩手絆ヴィーナス」代表)
        飯沼 保(「千葉マリンスターズ」「同ヤング」代表)
        原口 穣(「埼玉スーパースターズF」代表) 
        葛谷賢司(桜花学園大学)
        竹枝 摂(「オール大分ガールズ」監督)
        伊藤秀次(「オール兵庫」「同ジュニア」代表)
        山元研吾(「野田ファイターズレディース」代表)
        宮武正弘(「香川オリーブガールズ」「同JHC」代表)
        一般女子軟式野球クラブ「紫しきぶぅ」
        榊原和成(「愛知アドバンス」「同ジュニア」代表)    
                     研究協力者は、今後増えていく予定です。

<目的>
女子軟式野球選手の運動能力の実態を明らかにします。

<調査対象>
 国内の軟式野球に取り組んでいる女子中学生、高校生、大学生、社会人選手の中で、本研究内容を理解し、承諾を得た選手。

スイングスピードの測定

<研究期間>
 第1期調査として、平成29年3月~7月、第2期調査として、平成29年9月を予定しています。

<測定種目>
走力調査/①50m走
     ②ベースランニング(27.4m)
投力調査/①投球速度(終速、18.4m)
     ②遠投距離
打力調査/①最大バットスイングスピード

<使用機器>
測定器/マルチスピードテスターⅡ(株式会社エスエスケイ社製)
バット/金属バット・セレクトナイン690g(株式会社ミズノ社製)
ボール/軟式公式試合B号球(ナガセケンコー株式会社製など)

画像の説明

マルチスピードテスターⅡ
スイングスピード、球速の、どちらの測定も可能。

画像の説明
セレクトナイン690g(84㎝、ミドルバランス)
 事前調査の結果、女子軟式野球選手の多くは650~800gのバットを使用し、社会人は690~730gがボリュームゾーンでした。一方で中学生の指導者は600g台の軽いバットでしっかり振るように指導しているケースが多く見られたため、今回は690gとしました。

<測定方法>
 本研究テーマの一つに、沖縄県で09年から行われている「中学野球っ子記録会」(野球っ子応援会主催)の男子の記録と比較することがあります。そこで測定方法や測定器は沖縄に準じます。

<参考資料>
説明

 50m走/女子中学生の全国平均…8.84秒(文部科学省「体力・運動能力調査」平成27年)

<記録の公開>
 本研究は学術研究(学会発表を予定)ではありますが、運動能力の先行研究が何もない女子野球界の発展の一助となることを願い、当サイトで「年齢別、種目別ベスト5」を発表します(随時更新)。

<測定会実施予定地>
北海道、岩手県、千葉県、東京都、埼玉県、愛知県、大阪府、兵庫県、広島県、香川県、熊本県、大分県、沖縄県

ベースランニングの測定 球速の測定 

※測定および撮影協力/千葉マリンスターズ、同ヤング

■千葉マリンスターズの測定会の様子は → こちら

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional