女子野球情報 

16年7月

神村学園の通信制過程・大阪校に女子野球部が誕生予定(2016年7月14日)

 来年4月、神村学園・大阪富田林学習センターが女子硬式野球部を立ち上げることになった。同センターは通信性のスクールで、現在ある「テニスコース」「文系特進コース」「個別対応コース」に加え、新たに「女子野球コース」を新設して生徒(高校生と同じ15~18歳)を募集する。

監督に就任予定の神村学園10期生、田村菜津紀さん

 全日制高校では夕方まで授業があり、そのあと野球(部活動)をするが、同コースは授業は午前中まで。午後1時から5時まで野球という、野球重視のカリキュラムが特徴だ。しかし大学進学を目指す人にも対応できるように、入試英語や小論文、英検・漢検対策にも力を入れている。卒業に際しては、鹿児島本校と同じ卒業証書をもらえるのがうれしい。

 監督に就任するのは、神村学園女子硬式野球部10期生の田村菜津紀さん。大阪は堺市生まれで、高校時代、はるばる鹿児島まで野球留学した経歴の持ち主だ。
 厚ケ瀬美姫(兵庫ディオーネ)、宮原臣佳(埼玉アストライア)、中野菜摘(埼玉アストライア)といった女子プロ野球選手や、第3回女子野球W杯で優勝投手になった野口霞選手と同期で、2年生の時、高校生の春の全国大会で優勝している。

女子野球コースのカリキュラム

 神村学園卒業後はふるさとにもどり、大阪体育大学(女子硬式野球部1期生)を経て、堺市内の公立中学校の保健体育の教員を3年間務め、このたび女子野球コース立ち上げのために神村学園に入職した。現在は京都学習センターで保健体育の教員を務めているが、来年4月からは、富田林学習センターで指導に当たる予定だ。

 グラウンドは富田林市に隣接する河内長野市の3つの球場と、学校の横にある河川敷グラウンドを確保。普通は厳しい抽選競争を経なければとれないグラウンドも、練習時間が昼間とあって、ほぼ無競争でとれるのがメリットだ。

 実は通信性の神村学園が女子硬式野球部を立ち上げるのは今回が初めてではない。14年9月26日の情報広場の記事でも紹介したように、京都学習センターが創部にトライしたが、人数が集まらず、やむなく断念した。
 今回はその反省を踏まえ、人数が9人に満たなくてもコースを立ち上げ、女子硬式野球クラブ「河内Earnest」(羽曳野市)などと連合チームを作り、各種大会に出場する予定だ。人数が集まれば高校の連盟に登録して単独チームとして大会にも参加したいという。

使用するグラウンドの一つ、赤峰市民広場

「規律正しく、技術指導もしっかりした神村学園の野球を受け継ぎます。また、神村学園の建学の精神である『実学による人間性豊かな人柄教育』を実現するために、野球を通して世界に通用する人間力も養いたいと思っています」(田村さん)

 9月末にオープンキャンパスがあるので、興味のある人は参加してみてはいかがだろうか。通信性スクールは途中入学も可能なため、全日制高校を退学してしまった人、家庭の事情で全日制に行けなかった人も、上記の年齢であれば参加大歓迎とのことだ。

■オープンキャンパス
日時/9月末開催予定
場所/みなと堺グリーン広場 硬式野球場を予定
備考/詳しくは以下のサイトを参照

■問い合わせ先/0120-43-4460(近畿地区事務局・京都学習センター)担当…田村菜津紀
■参考資料オープンキャンパス&女子野球コース


過去の記事 → 17年5月 17年4月 17年3月 17年2月は休載 17年1月 16年12月 16年11月 16年10月 16年9月 16年8月 16年6月 16年5月 16年4月は休載 16年3月 16年2月は休載 16年1月 15年12月 15年11月 15年10月 15年9月 15年8月 15年5~7月は休載 15年4月 15年2~3月は休載 15年1月 14年12月 14年11月 14年10月 14年9月 14年8月 14年7月 14年6月 14年5月 14年4月 14年3月 14年2月 14年1月 13年12月 13年11月 13年10月 13年9月 13年8月 13年7月 13年6月 13年5月 13年4月 13年3月 13年2月 13年1月 12年12月 12年11月 12年10月 12年9月 12年8月 12年7月 12年6月 12年5月 12年4月 12年3月 12年2月 12年1月 11年12月 11年11月 11年10月

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional