女子野球情報 

17年1月

女子プロ野球「レイア」が京都に移転。その理由は?(2017年1月26日)

 2013年に東北レイアの名前で宮城県を本拠地に活動を開始し、15年には育成球団として他の3球団から切り離された女子プロ野球のレイアが、今シーズンから京都に移ることになった。その理由とレイアの位置づけを、日本女子プロ野球機構に聞いた。

画像の説明

――そもそもレイアは、東北の女子野球の振興を目的の一つに掲げていたはずですが、本拠地を変えるのは、それが充分にできたと判断したからですか?
機構 充分な成果が挙がったとは思っていませんが、多少なりともお役に立てたのではないかと思っています。また、レイアをもっと色々なところで活動させたいと思ったことも、本拠地を変える理由の一つです。

――女子プロ野球が始まった当初から大きな課題だった、経費の問題はいかがですか? たとえば移動費など、宮城県から全国に移動するにはお金がかかったと思いますが。
機構 それは確かにあります。また、現地の皆様にはずいぶんご協力いただいたのですが、集客が難しいことも課題でした。

――女子プロ野球はわかさ生活という一企業がやっている以上、採算性の問題が避けて通れなかったということですね。
機構 はい。

――新しい本拠地を京都にした理由はなんですか?
機構 今後全国の高校女子硬式野球部との練習試合や、女子硬式野球の普及発展に努めていくため、移動しやすく、我々の目が行き届く場所ということで選びました。また京都はリーグとフローラの拠点ですので、より選手の成長につなげられると考えたからです。

――レイアは今後も育成球団という位置づけですか?
機構 はい。U20の選手(高卒ルーキーが中心)が所属し、原則2年は在籍してもらいます。まずはきちんと基礎を身につけ、怪我をせずに少しでも長くプレーができる体を作るというのが、我々の信念だからです。レベルが高く良い成績であれば飛び級もありましたが、現段階ではどれだけすごくても、高卒ルーキーはレイアに属してもらいます。そして四大卒ルーキーはトップチームに入れる。今の定義はそのようになっております。

――ありがとうございました。
 
新ユニフォームは → こちら(日本女子プロ野球機構のサイト)


広島女子感激。年齢やジャンルを超えた交流会開催(2017年1月17日)

広島県のチームに所属している山口県の選手たちも参加したとか

 去る12月25日、広島市で、軟式や硬式、子どもから大人までが集まる、広島女子野球の交流会が開かれた。企画、運営したのは、中学軟式野球クラブ「広島レディース」だ。
「指導者たちとよく、『保護者や選手のみなさんに、広島県にどんな女子野球環境があるのか知ってもらい、モチベーションにつなげてほしいね』と話していたからです」
 と事務局の山口涼子さん。
 
 そう、今や広島県は、軟式と硬式を合わせると、小学生から大人までの女子野球チームがそろう、全国でも数少ない県なのだ。

●小学生…ガールズ広島(NPBガールズトーナメント出場チーム)
     福山レディースなど
●中学生…広島レディース(軟式)
●高校…県立佐伯高校(硬式)
●専門学校…MSH医療専門学校(硬式)
●社会人(高校以上)…広島レッズ(軟式)
 
 今回、佐伯高校は合宿と重なったために参加できなかったが、全国大会でおなじみの沖田靖身監督が、ガールズ広島やそのOGたち(中学生)17人を連れて、野々村聡子監督がMSH医療専門学校生5人を連れて、広島レッズの鶴田直樹監督が選手4人を連れて参加。広島レディースとそのOG、個人参加の少年野球選手や中高生たちを合わせた総勢46人が、クリスマスのグラウンドに集合した。

小学生を指導するMSHの野々村監督(背中)

 午前中は、小学生と中学生をそれぞれ2チームに分けて試合を行い、午後は子どもから大人までをくじ引きで4チームに分け、軟球で試合を行った。各監督を沖田監督、野々村監督、鶴田監督、広島レディースの中村浩三監督が務め、試合はまさにオール広島ドリームマッチ! 最後は大歓声と笑顔のなか、ベーランリレーで締めくくられ、勝ったチーム鶴田にはクリスマスクッキーがプレゼントされた。

 最初は固まっていた小学生たちも、大人たちが声をかけて盛り上げたので、午後には大人も子どもも仲良しに。なかでも人気だったのはMSHの長池玲美奈選手。「日本代表なんだって」「すごい」と子どもたちは興奮気味で、握手をしてもらったりサインをもらったりしていた。

 保護者や選手たちからは、「こんなに女子選手がいるんですね」「野球を続けて女子プロ野球を目指します」といった声が聞かれ、山口さんは、「年齢を超えて一つになれたのがよかったです」と安堵のコメントを寄せてくれた。

 最後に、この交流会は広島レディースだからこそ作れたものであることをご紹介しよう。
 たとえば佐伯高校女子硬式野球部は、広島レディースの当時の総監督が学校に熱心に働きかけてできたものだし、山口さんのお嬢さんをはじめ、多くのOGたちは女子硬式野球部のある高校に進学。MSHの野々村監督とも交流がある。もちろん軟式同士、少年野球チームとの付き合いも長く、卒団後、広島レッズで野球を続けているOGもいる。
 この広島レディースのジャンルを超えたネットワークこそ、広島女子野球発展の秘密と言ってもいいだろう。

 そして関係者の志。
「うちの娘のように野球を続けたいと思っている女の子たちに、女子野球の色々な情報を伝えたい、色々な経験をさせてあげたいと思っています。また、軟式硬式を問わず、みんなのために色々なアイディアを出し、盛り上げ、惜しみなく協力してくださる方がたくさんいることが、今の広島の女子野球を支えていると思います」(山口さん)
 
 交流会は来年も開催予定だ。

小学生の試合 中学生の試合

※写真提供/広島レディース


過去の記事 → 17年5月 17年4月 17年3月 17年2月は休載 16年12月 16年11月 16年10月 16年9月 16年8月 16年7月 16年6月 16年5月 16年4月は休載 16年3月 16年2月は休載 16年1月 15年12月 15年11月 15年10月 15年9月 15年8月 15年5~7月は休載 15年4月 15年2~3月は休載 15年1月 14年12月 14年11月 14年10月 14年9月 14年8月 14年7月 14年6月 14年5月 14年4月 14年3月 14年2月 14年1月 13年12月 13年11月 13年10月 13年9月 13年8月 13年7月 13年6月 13年5月 13年4月 13年3月 13年2月 13年1月 12年12月 12年11月 12年10月 12年9月 12年8月 12年7月 12年6月 12年5月 12年4月 12年3月 12年2月 12年1月 11年12月 11年11月 11年10月

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional