女子野球情報 

totijihai

東京都知事杯を振り返って ~女子学童全国大会は実現する?

優勝した江戸川エンジェルズ

うまい子もそうでない子も参加できる大会

 東京都軟式野球連盟の29支部、483人が参加した「東京知事杯 第1回東京都女子学童軟式野球大会」 が、8月11日、閉幕した。
 都道府県レベルの軟式野球連盟が「女子学童チームを作りなさい」と傘下の全支部のお尻を叩いて作った大会も初めてなら、支部の事情によっては初心者でも参加できる「誰でも参加型」の大会も初めて。しかも参加チーム数が29という規模も日本で初めてという初めて尽くしの大会だったが、トラブルもなく無事に閉会式を迎えることができたのは、やっぱり関係者の皆さんの努力の賜だと思う。

 試合を見ての率直な感想は、東京都にはこんなに野球ができる女の子がいたんだということ。初めて見る優れた選手がたくさんいて、見ていてとても楽しかった。その一方で普段からレギュラーの子とそうでない子との力量の差も感じたが、経験不足はこの大会ができたことで徐々に解消されるのではないかと期待している。
 

練馬(左)対狛江 西東京 品川

初代王者は江戸川エンジェルズ

 強かったのは女子選手がたくさんいて、支部内で選手を選抜することができたところ。江戸川エンジェルズ、オール昭島、北クイーンズ、オール江東女子、オール葛飾、練馬区学童女子選抜、オール町田、足立フェアリーの8強は、ほとんど5、6年生だけでチーム編成できている。5、6年生だからうまいとは限らないが、試合を見る限りみんな試合慣れしていたしパワーもあった。

好守備を見せた江戸川の捕手。決勝戦にて

 そのなかから決勝に進出したのは江戸川エンジェルズと足立フェアリー。いずれも女子学童野球の優勝経験がある支部(江戸川、足立)のチームだが、江戸川エンジェルズが苦しみながらも逆転勝利するなど、試合を重ねるごとに力をつけていったのに対し、足立フェアリーはよく打ってよく走り、1回戦から準決勝までの4試合をすべて2ケタ得点で勝ち上がってきた。

 対照的なチームの対決だったが、足立フェアリーは投手陣が制球に苦しみ、四死球やワイルドピッチでリズムが作れず、また置きにいった球を痛打されるなどして4回表までに13得点を許してしまう。対する江戸川は制球力のあるエースが3回まで散発3安打、4奪三振の好投。このまま13-0のコールドかと思われたが、4回裏、江戸川の投手が代わったのを機に足立が反撃を開始。4連打して3点を返すが、果敢に盗塁を試みた一塁走者を江戸川の捕手が二塁で刺すという劇的な幕切れで、江戸川エンジェルズが優勝した。

葛飾 立川 練馬 町田 

 決勝進出した2つのチームはもちろんだが、それ以外にも印象に残るチームがいくつもあった。
 まず品川レディース。男の子でも手が出ないような球を投げるエースをはじめ好投手を何人もそろえ、守備もうまかった。オール葛飾は体の大きな選手がたくさんいて驚いたが、みんなよく打ち、応援する選手もよく声が出ていた。1回戦で接戦を演じたレディース立川と日野ドリームズも、ともにベスト8に進出してもおかしくない良いチームだったと思う。強肩捕手や動きのいい内野手を擁したオール町田、2年生も打席に立たせるなど全員野球で臨んだ狛江MATESも忘れられない。選手個人に目を向けると、体ができたらすごい選手になりそうな投手や、非凡なものを感じさせるバッターが何人もいた。

実現するか、女子学童の全国大会

 勝敗もさることながら、たくさんの才能や子どもたちの思いを見聞きすることができたことは幸せだった。これを機に彼女たちがさらに野球が好きになり、女子大会も全国的に増えてくれたらいいのだが。

台東(右)対町田

 と思っていたら、ちょっとうれしい話を小耳にはさんだ。女子学童や中学生の全国大会を開けないか、という話が連盟内でもち上がっているのだという。実は同じ話を以前から地方の連盟役員や指導者からも聞いており、だとすればこの横のラインをつながない手はない。

 参考までに女子学童チームをもつ都道府県を列記しよう(短期結成チームをふくむ)。改めて見てみると、女子学童チームをもたない県は13県だけ。運営母体は異なるが、34都道府県にはチームがあるので、関係者の皆さんで連絡を取り合って全国大会につなげていただけるとうれしい。(詳しくは「全国のチーム一覧」をご参照ください)。

北海道札幌市(5年に一度結成)
東北宮城、岩手、山形。残る青森、秋田、福島にもチームを作って東北大会を開きたいという有志の動きがある
関東全都県にあり。関東大会あり
北陸新潟、福井。富山、石川にはなし
甲信・東海山梨のみ。長野、静岡、岐阜、愛知、三重にはなし
近畿全府県にあり。近畿大会あり
中国岡山、広島、島根。鳥取、山口にはなし
四国愛媛、高知、香川。徳島にもできる可能性あり
九州・沖縄全県にあり。九州大会あり
  

 
 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional