女子野球情報 

matuyama

松山市で開催される全国大会。年々参加チームが増加
画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明

全日本女子硬式野球選手権大会

参加資格高校の春の選抜大会上位8チーム、大学の春季大会上位6チーム、全日本クラブ連盟のチーム19チーム
主催全日本女子野球連盟
2017年の開催日8月5日(土)~9日(水)
場所マドンナスタジアム、坊ちゃんスタジアム(共に松山市)
問い合わせ先全日本女子野球連盟
備考05年創設の全国大会。第1回は静岡県で開催されたが、第2回から愛媛県松山市や伊予銀行のバックアップを得て松山市で開かれている。14年までは資格審査がなかったために希望すればどこのチームでも出場できたが、15年からは出場規定が設けられ、それに適合したチームのみが参加している。
参考URLhttp://www.wbfj.jp/(全日本女子野球連盟)
2016年の結果優勝…環太平洋大学(岡山県)  準優勝…大阪体育大学(決勝7-4) 3位…侍(埼玉県)、履正社高校(大阪府)
2015年の結果優勝…京都外大西高校(京都府)  準優勝…マドンナ松山(愛媛県) 
3位…アサヒトラスト(東京都)、神戸弘陵学園高校(兵庫県)
2014年の結果優勝…尚美学園大学、平成国際大学(共に埼玉県)  準優勝…大阪体育大学(大阪府)、京都外大西高校(京都府)。 降雨のため準決勝2試合を行い、それぞれの勝者を優勝とした。
2013年の結果優勝…履正社レクトヴィーナス(大阪府)  準優勝…福知山成美高校(京都府) 3位…マドンナ松山(愛媛県)、ハマンジ(埼玉県)
2012年の結果優勝…尚美学園大学(埼玉県)  準優勝…侍(埼玉県)
3位…アサヒトラスト(東京都)、福知山成美高校(京都府)
2011年の結果優勝…尚美学園大学(埼玉県)  準優勝…尚美CROSS(埼玉県)
3位…平成国際大学(埼玉県)、神村学園高等部(鹿児島県)

                             

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional