女子野球情報 

情報広場

和歌山県に女子硬式野球連盟誕生。県体育協会に加盟(2017年4月21日)

画像の説明

 和歌山県の女子野球界が動いている。
 県下初の女子硬式野球クラブ「和歌山ファイティングバーズNANA」(中学生~大人)ができたのに続き、県軟連がサポートする軟式の中高生クラブ「和歌山Orange Glove(オレンジグローブ)」が誕生。さらに4月に和歌山県女子硬式野球連盟ができ、県の体育協会に加盟したのだ。連盟理事長にはNANAの川保麻弥監督が就任した。

 連盟設立に動いたのは、NANAを作った谷口和樹県議会議員だ。
「和歌山県に女子硬式野球を定着させ、広げるためには、きちんとした組織が必要だと思って、NANA設立と併行して動いてきました。体育協会に加盟するのは、男子野球の中に女子野球が入るのではなく、女子は女子のやり方で、自由にやるのがいいのではないかと考えたからです」

 なぜ体育協会に加盟すると女子独自の活動ができるのか。ここが一番大事な点なので、ご説明しよう。
 まず和歌山県体育協会は、県全体のスポーツを振興する組織で、バレーボールや水泳、トライアスロン、相撲など、現在96のアマチュアスポーツ団体が加盟している。野球関係ではこれまで県の軟式野球連盟や高野連、中体連(軟式野球競技部)が傘下にあったが、女子硬式野球連盟が体協に加盟したことで、女子の連盟はこの3つの野球連盟と同格になり、対等な立場でものが言えるようになったのだ。

NANAで指導にあたる川保さん。NANAの監督、連盟理事長、仕事と、超多忙な毎日だ

 都道府県レベルで、かつて女子硬式野球連盟がこれほど一般の野球連盟と肩を並べたことはなく、それだけに、谷口さんをはじめとする県女子硬式野球関係者の熱意が感じられる。

 ちなみに女子軟式野球は、約20年前から北海道女子軟式野球連盟が北海道野球協議会(硬軟のアマチュア野球連盟で構成)に男子野球連盟と同格で加盟している。また昨年12月には新潟県女子野球連盟(硬式軟式ふくむ)ができて、同じく男子野球連盟と同格で新潟県野球協議会に加盟した。これらの動きは、後日改めてご紹介したい。 

 では女子硬式野球の全国組織「全日本女子野球連盟」のなかでは、どんな位置づけになるのだろうか。同連盟の傘下には、すでに関東と関西の女子硬式野球連盟があるが、「加盟ではなく、協力団体として交流していく」(全日本女子野球連盟)のだという。

 つまり全日本女子野球連盟の中には入らず、あくまでも和歌山県の連盟という立場で活動していくのだ。そして県下のスポーツ環境を作りながら、同時に女子の連盟と情報共有し、傘下のチーム(現時点ではNANAだけ)は各種女子大会にも参加する。さらに、和歌山の連盟独自に女子硬式野球大会を作ってもかまわないそうだ。

 最後に理事長に就任した川保麻弥さんに抱負をうかがった。
「連盟が立ち上がったことで、和歌山の皆さんが安定して女子硬式野球をする環境ができました。いずれは日本代表として日の丸を背負える人材を和歌山から出したいですし、和歌山で日本代表の試合も開催したいですね。
 また和歌山の女子野球は学童チームの活動があってここまで発展してきたので、軟式と硬式で選手を取り合うのではなく、お互いに尊重しながら活動していきたいと思っています。野球人生は長いですから、その時の状況、年齢に応じて、選手が硬式と軟式、どちらでも選べるような、豊かな女子野球環境を作っていきたいです」

※写真提供/和歌山県女子硬式野球連盟


履正社高校、笑顔の野球で春の全国大会初制覇(2017年4月5日)

16人でつかんだ栄冠

 またしても春の嵐が吹いた。創部3年目の履正社高校が春の全国大会を制したのだ。創部間もないチームが優勝するのは、15年の京都外大西高校以来のことだ。履正社高校はこの春、男子野球部がセンバツで準優勝し、女子は優勝して、球史に名を刻んだ。

埼玉栄の小野あゆみ投手

 大会初日は雨にたたられ、最終日の4月2日は準決勝、決勝と体力的にきついスケジュールになったが、その準決勝第1試合、福知山成美vs埼玉栄戦。
 まずマウンドに上がったのは栄の小野あゆみ選手(2年)。斎藤監督は小野選手の全国大会デビューを、この準決勝にもってきた。中学時代、ハンドボールでU16代表入りした期待の選手。身長173㎝、大柄で強肩の彼女が、軸足にしっかり体重を乗せて上手から投げる直球は、破壊力抜群。福知山打線をわずか2安打に抑え、観客の度肝を抜いた。

 福知山は昨年からぐんぐん成長してきた右腕、大野七海がマウンドへ。1回戦から全試合投げ抜き、3試合でわずか1失点という安定感。準決勝でも連投の疲れを見せない好投で、栄の小野投手と素晴らしい投げ合いを見せたが、3回に味方のエラーで許した2点が最後まで響き、0-2で敗退。埼玉栄が2年連続7回目の優勝に王手をかけた。

福知山成美の大野七海投手 さしもの福知山打線も、小野投手の前に沈黙

 準決勝2試合目は、作新学院vs履正社。どちらも準決勝進出はこれが初めてというフレッシュな対戦だ。作新の田代恭規監督は、09年に県下初の女子学童チームの監督を務めて以来、子どもたちの成長に合わせるかのように県中学選抜、作新学院女子野球部を率いてきた、栃木県女子野球の立役者。今回のメンバーにも、小学校時代から田代監督の指導を受けてきた選手が何人もおり、結束は固い。

 履正社は創部間もないためか、のびのびとした雰囲気が持ち味。右の本格派、石村奈々選手を怪我で欠いた今大会は、大きなカーブとクセのある直球が武器の松島瑠菜選手が、エースナンバーを背負って勝ち進んできた。

 試合は作新が四球でためたランナーを適時打で返すなどして、3回が終わって4-1とリード。しかしまったく落ち込む様子を見せない履正社は、4回に作新のエース、半田莉子を捉え、連打に次ぐ連打で6点を返すと、5回にも1点追加して8-4で決勝進出を決めた。

人呼んで「栃木の守護神」 田所一塁手も、小学校時代から田代監督の指導を受けてきた選手 

履正社名物、試合前の歌と踊り。このあと手をつないで瞑目し、心の中で人数分、数を数えて集中 準決勝は連打で逆転 履正社ほど無邪気に喜びを表現するチームも珍しい

 決勝までは、わずか40分。普通なら疲れがある分、履正社不利と思える状況だが、始まった決勝1回裏、履正社は素晴らしいプレーで好調を見せつける。

連覇の夢を胸に秘め、飛び出す埼玉栄

 1死二塁の場面で履正社の三塁手・秋川桜が、キャッチしたサードフライを即座に二塁に投げ、飛び出していたランナーを刺したのだ。
 勢いに乗った履正社は、3回表に一番・北山未来が栄の先発・池本歩莉から中前打を放って出塁。さらに二盗した北山を二番・吉井温愛が右前打で返して先制。
 
 しかし栄は4回、エースで左腕の田中志緒梨にスイッチすると、田中は緩急をつけたピッチングで履正社打線を封じ、流れを引きもどす。さらに7回には四死球や相手エラーで2死満塁、一打サヨナラのチャンス。ここで斎藤監督が動いた。「代打、須之内彩菜」。
 しかし、思い切り振った須之内の打球はセカンドフライとなり、試合終了。1-0で履正社高校がセンバツ初優勝を飾った。

埼玉栄の先発、池本歩莉選手 履正社の先発、米田咲良選手 7回裏、思い切りバットを振った須之内選手だったが…

 優勝  履正社高校・橘田恵監督に聞く
画像の説明

――無欲の勝利というのでしょうか、2013年の松山の全国大会で、創部2年目の履正社レクトヴィーナスが神がかり的な優勝をした時みたいな感じですね。
橘田 はい、何か下りてきてましたね(笑)。履正社高校は春のセンバツはいつも1回戦負けだったので、松山のときと同じように1勝が目標だったのですが。

――勝利の女神を微笑ませた理由はどこにあると思いますか?
橘田 大会前の練習試合でしょうか。福井工大福井さんとやらせてもらったのですが、そこで負けてしまったんです。でもそのあと自分たちで課題を見つけ、それをどういうふうに克服するのか、全員で具体的に話し合うことができた。うちは今16人いるんですが、寮生は4人だけしかいないし合宿もしていないので、みんなでじっくり話し合う機会がなかったんです。そしてそのあと加須シニアさんと試合させてもらったら勝つことができて、それで気持ちよく大会に臨めたのだと思います。

――開志学園戦では追いつかれてタイブレークに持ち込まれましたが、きつくなかったですか?
橘田 いいえ。うちはタイブレークで負けたことがないんですよ。レクトヴィーナスの選手を相手に、いつもタイブレークの練習をしているので。守備も攻撃も、色々な状況を作っては勝ち方を考えて練習しています。

優勝に貢献した松島投手

――今大会で松島さんがエースナンバーをつけた理由は?
橘田 敵にいたら嫌だなあと思って(笑)。あの大きなカーブはやっかいですし、ストレートもクセがあるので。

――今大会を振り返っての感想をお願いします。
橘田 決勝1回裏の秋川のプレーが物語るように、生徒たちが状況をしっかり見て、自分の頭で考えてプレーできるようになったことが、一番の収穫です。
 実は優勝の記念撮影が終わってグラウンドを出ようとしたら、キャプテンの吉井が来て、「今日のウイニングボールです」って、にっこり笑いながらボールを手渡してくれたんです。うれしかったですね。吉井はまじめな選手で、大会前1週間、私の厳しい指導に泣きながらついてきてくれたので、「ありがとう。よく耐えたね」って言いました。

――素敵な話をありがとうございました。

準優勝 埼玉栄高校・斉藤賢明監督に聞く

緊張している須之内選手に言葉をかける斎藤監督

――1回戦の相手は昨年の春、決勝で戦った駒沢学園女子高校でしたね。
斎藤 やっかいだなあと思いました(笑)。おととしの春は初戦でやられていますし。勝ててよかったです。

――準決勝で小野さんに投げさせることは、最初から決めていたことですか?
斎藤 いや、メンバー表を出す直前に決めました。決勝をふくめて3日間で4試合という状況でローテーションを考えたとき、エースの田中は初戦から3試合投げているので、準決勝ではあまり投げさせたくなかった。では誰に投げさせるか。池本か小野か、ずっと迷っていたのですが、どこかで小野を使ってみようという気持ちがあったので、決めました。継投を考えていたのですが、2回、3回と相手が打てなかったので、いけるな、と思って投げさせたら完投できたという感じです。

――7回に代打で須之内さんを出すとき、何か話していらっしゃいましたが、あの時はなんと言ったのですか?
斎藤 「来た球を思い切り打っていけ」と言いました。

――結果、セカンドフライでしたが、思い切り振った結果だから仕方がないと?
斎藤 そうですね。

――準優勝は、やはり悔しいですか?
斎藤 いや、でき過ぎの大会でした。今の3年生たちはなかなか勝てない子たちだったのですが、人に「この1年ですごく変わった」と言われるほど投打に成長しました。この大会でも得たものが多かったです。ここがスタート地点。夏、がんばります。


県軟連がバックアップ。和歌山県に軟式の中高生クラブ誕生(2017年3月24日)

中学生6人、高校生6人の計12人が初練習に臨んだ

 全国一のみかんの産地、和歌山県で、3月5日、軟式の女子中高生クラブ「和歌山Orange Glove(オレンジグローブ)」が初練習を行った。チームの拠点は一面のみかん畑が広がる有田市で、主にふるさとの川総合運動公園を使用する。

 監督を務める、市議会議員で女子学童チーム「ガールズ有田」(県軟連有田支部所属)監督でもある玉木久登さん(52歳)は、創部の経緯を次のように語る。
「昨年の10月に、県軟連の理事長から直々に、女子中学生クラブを作ってくれと頼まれたからです。和歌山県として、夏に行われている女子中学生の全国大会に出場したいということでした。また、せっかく育った学童選手たちのために、中学以降も軟式野球ができる場を作ってあげたいと思ったことも、理由の一つです」

軟式野球がやりたいと言って、遠方から参加する選手も多い

 このとき玉木監督の頭にあったのは、女子中学生の全国大会だけでなく、関西女子野球連盟が主催する「関西女子野球ジュニアリーグ」に出場すること。中高生が対象で、春季、秋季リーグがあるだけでなく、上位チームは全女連の中高生の全国大会にも出場できる。

「この大会があるなら高校生も野球ができる」と思った玉木さんは、対象を高校生まで広げて部員を募ったところ、ガールズ有田OGを中心とする中学生6人に加え、高校生が6人も集まった。野球を続ける環境がなくて他の競技に移ったものの、このチームができると聞いて入団してきた人もいるという。中には30㎞も離れた和歌山市やみなべ町から来ている選手もいるとか。

 指導は玉木監督に加え(ガールズ有田と兼任)、昨年まで社会人硬式野球チームでプレーしていた宮城憲ヘッドコーチ(25歳)や、28歳、30歳の、硬式野球経験者の男性たちがあたる。マネージャーはガールズ有田OGの新大学生、山崎さん。フレッシュな顔ぶれの陣容だ。

玉木監督(中央)と宮城憲ヘッドコーチ(左)、宮井健太打撃コーチ(右)

 練習は今のところ毎週日曜日の10~16時に行っている。チームには女子プロ野球選手を目指している人もおり、上を目指す選手には個別指導も行うという。
 
 和歌山県では今年2月、一足先に女子硬式野球クラブ「和歌山ファイティングバーズNANA」が発足して、女子硬式野球の環境ができたが、「和歌山Orange Glove」ができたことで、中学以上の女子軟式野球環境も整った。

「軟式も硬式も、お互いにその存在を認め合って和歌山の女子野球を発展させていければいいと思います。そして軟式野球をやりたい人は、ぜひ私たちと一緒にやりましょう」(玉木監督)

 女子中学生の全国大会に出るには、まだ少し人数が足りない。我こそはと思う人は、一度練習見学に行ってみてはいかがだろうか。

●問い合わせ先/090-3616-4864(玉木久登監督)

主にふるさとの川総合運動公園(有田市)で練習する     名前どおり、オレンジ色のユニフォーム 

※写真提供/和歌山Orange Glove


千葉県で「第1回女子軟式野球選手の運動能力調査」を実施(2017年3月8日)

測定をする選手と、千葉マリンスターズヤングの飯沼樹里監督。

 当サイトの管理人が責任者となり、全国の協力者の力を借りて実施する「女子軟式野球選手の運動能力調査」の第1回測定会が、3月4日(土)、千葉県船橋市で行われた。(調査の詳細はフロントページのバナーをクリックしてご覧ください)。

 協力してくださったのは、全国大会優勝多数の強豪クラブ「千葉マリンスターズ」と、ジュニア(中学生)クラブの「千葉マリンスターズヤング」の皆さんだ(20代と30代の社会人4人、高校生4人、中学生13人の、計21人)。

大人のチームも中学生チームも、全国大会優勝多数。

 土曜日とあって社会人の参加は少なかったが、朝7時には全員がそろってアップを開始。

 かたわらではコーチや保護者の皆さんが、遠投や50m走のラインかきなどを行い、その後、測定スタッフの役割分担や仕事内容の確認をして、8時15分に測定がスタートした。

 種目は50m走、ベースランニング(27.4m)、球速(終速、18.4m)、スイングスピード(690gの金属バット)、遠投の5種目だ。

 測定は21人を2つのグループに分け、グループ単位でまず50m走とスイングスピードを交互に測定。その後、球速とベースランニングを交互に測り、最後は全員で遠投を行った。

距離を測る保護者。 設営は3人で行い、1時間弱で終了。

 それぞれのグループにはリーダー(この日はお母さんたち)がつき、引率と記録を担当。測定がスムーズに進むように、記録用紙の順番どおりに選手を並ばせたり、間違って他の人の記録を記入しないように選手の名前を確認するなど、地味でも重要な仕事をしてくれた。

 測定スタッフはコーチやお父さんたちが務めたが、事前に配ってあったマニュアルをしっかり頭に入れて臨んでくださったため、大きなトラブルもなく、測定はきびきびとした雰囲気のなか、約1時間半で終了した。

スイングスピードの測定。690グラムの金属バット(ミズノ製)を使用。

 第1回測定会を終わって実感したのは、遠投には練習が必要だということだ。本測定は爪先からではなくラインから測るため、フライングを怖れるあまり、1メートルぐらい手前から投げてしまう選手が続出したのだ。また投げる角度なども重要で、ベストな投球をするためには、それなりの練習が必要だろう。今後測定会に参加する人は、ぜひ事前に練習してから臨んでほしい。

 逆に言えば女子選手は測定をする機会自体が少なく、その経験不足も、女子野球選手の実態の一つといっていいだろう。それでも高校生が72m近い記録を出し、チームのレベルの高さを感じさせた。

 その記録だが、4月に第1回「年齢別(中学生、高校生、大学生、社会人の4つのカテゴリー)、種目別ベスト3」を発表予定なので、楽しみにしてほしい。今回、すでにトップに立ちそうな素晴らしい記録が生まれているが、先行研究がない分、それが果たしてどのくらいのレベルにあるのかわからない。しかし今後測定会を重ねるごとに、選手たちの実力に驚くことになる予感がする。

 ただし念のために書き添えると、この研究の目的は複数の角度から現在の女子軟式野球選手の運動能力の実態を明らかにすることなので、最大値だけでなく、最小値や平均値などもしっかり調査していく。

 今後8月を除く9月まで、全国各地で測定会を行う予定だが、すべての地域、チームの測定はできないことをお許しいただきたい。

リーダー(記録係)はお母さんたちが担当。 球速の測定。機械はSSKのマルチスピードテスターⅡ。


過去の記事 → 17年2月は休載 17年1月 16年12月 16年11月 16年10月 16年9月 16年8月 16年7月 16年6月 16年5月 16年4月は休載 16年3月 16年2月は休載 16年1月 15年12月 15年11月 15年10月 15年9月 15年8月 15年5~7月は休載 15年4月 15年2~3月は休載 15年1月 14年12月 14年11月 14年10月 14年9月 14年8月 14年7月 14年6月 14年5月 14年4月 14年3月 14年2月 14年1月 13年12月 13年11月 13年10月 13年9月 13年8月 13年7月 13年6月 13年5月 13年4月 13年3月 13年2月 13年1月 12年12月 12年11月 12年10月 12年9月 12年8月 12年7月 12年6月 12年5月 12年4月 12年3月 12年2月 12年1月 11年12月 11年11月 11年10月

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional